宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 見学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

夏季打上げシーズンに向かって

夏の相模原一般公開も終わって、そろそろ夏季打上げシーズンに向かって準備する時期になってきた。

まず、今年の夏季打上げ予定は

CAMUI-90P@缶サット甲子園 能代 浅内鉱さい堆積場跡地 (8月20日(21日予備日))
・S-520-25@内之浦宇宙空間観測所 (8月下旬?)
・H-IIB試験機@種子島宇宙センター (9月11日予定)

まずは、CAMUI-090Pだ。
今年も能代宇宙イベントの一環で行われる缶サット甲子園で使われる。詳細な機体数は発表になっていないが、前回実績で8機体。時間だと45分に1機で打上げが行われるのだ。こりゃいい。別な日には大型モデルロケットや各大学が開発したハイブリッドロケットの打上げもあるのだが、さすがにそこまで見るとなると一週間もかかるので無理だなぁ。
時間的な問題はというと、昨年と同じと仮定すれば朝9時半に1機目の打上げが始まっているので、都内からの移動では当日は無理。それでも、秋田・大館フリーきっぷを使えば、前日の夜に寝台急行「あけぼの」のBソロ寝台で向い、秋田新幹線で帰れば1日の休みで済むなぁ。


次にS-520-25。
まだ打上げ日が未発表だ。ISASI相模原で聞いたところ、8月下旬くらいが濃厚というだけで、正確な日付までは教えてくれなかった。JAXAのプレスリリースも観測ロケットでは一週間前とかに発表するんで役に立たない。
例によって海上保安庁の水路情報(http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN10/tuho/tuho.html)の方が早いと見ているいるのだが、こちらも発表文が出ていないのでなんともいえない。
打上げ時刻を考察してみるが、今回の観測機器は『飛翔すればいい』とのことなので、時間的には午後、天候も雨や風などの条件が悪くない限りは大丈夫そうだ。仮に午後2時の打上げだと仮定すると、当日の早朝便で羽田から鹿児島空港へ飛び、レンタカーで走れば間に合う。打上げ後もそのまま空港へ戻れば最終便には間に合うのだが、この場合格安航空券の適用外になるので予算的にかなり厳しい。それに、CAMUI-90Pと重なる可能性だってある。

最後に、H-IIB試験機。
試験機なのに、いきなり夜間打上げするとかいうのが余裕の無さを感じるなぁ。まぁ、ISSの軌道から夜間になるのじゃないかという推測はあったわけだが、本当にやっちまうのかと。
で、旅行日程だが、種子島は長期日程を組まない限り難しい。朝の飛行機で鹿児島空港についたとして、そこから鹿児島市内へ向かいフェリーや高速船に乗るのも、飛行機で種子島空港まで行っても、当日の夕方になる。
機体移動は打上げの13時間前とすると午後1時なので、これを見ようと思えば前日入りしておくのがベターだろうなぁ。

そんなわけで、この夏の優先順位としては、H-IIB→CAMUI-90P→S-520-25となる。S-520型は昨年見ているし、11月の内之浦一般公開が例年どおりに行われるなら、それに行くからだ。他にもKAMUI-90Pは飛翔しているのを見たことがないので、優先順位はS-520よりも現時点では高いのだ。H-IIBは試験機なので行く。失敗する確率高そうだし(鬼)。

今年の缶サット甲子園ではCAMUI-90Pは使用されないそうです。訂正します。(09.08.10)


ロケットエンジン概論ロケットエンジン概論
(2009/05/21)
桑原卓雄

商品詳細を見る

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。