宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - イプシロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

ぶら下がりメモ

とりあえず、ぶら下がりメモ

・打ち上げは種子島次第、特にB6が遅れたら影響出る。
・移動式アンテナは、B6打上後に内之浦へ移送するので、そこである程度の日程が必要。よって、B6の遅れが影響出やすい、とのこと。

・ひみちゅは1月下旬かな、順番はE2の後、またアンテナ移動?

・あんなに綺麗な整備塔は滅多にない。側面パネルも交換してる。JAXA金あるじゃん。

・宮原、抽選やるの?広くなったからやらないかもよ。

・水玉ではなく矢印です。

・SS-520、まだ結合試験やってない。機材搬入して1週間で打てるのは変わらず。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

イプシロン2号機打上日程推察メモ

イプシロン2号機打上日程推察について、今までの流れをメモしておく。

2015年末、2016年初頭にフライトオペレーション開始との話が入る。

2016年1月、同年6月打上との情報。宮原ロケット見学所での物販ブース参加申し込みの説明会での通知。

同年3月、搭載衛星の遅れで打上が遅れるとの情報あり。

同年4月、打上は秋との話が聞こえる。

同年5月、射場整備が夏完了予定と情報あり。

同年7月、『打上は12月10日』との話が流れるが、この時点では確定確認とれず。

同年7月、フライトオペレーション期間は3ヶ月という話を森田先生から聞く。「今射場に(機体は)ないから秋では無いですよね」と。12月の件は初耳と言われる(本当に?)。

同日、今年の内之浦宇宙空間観測所の特別公開の日程が空白と判明。

同日、SS-520-4の打上が12月予定と判明。イプシロンと混同して情報流れたか?

同年7月、シン・ゴジラ見る(通常版)。

同年8月、イプシロンメッセージ塗装発表。
前回搬入された機体は塗装完了していたので今回も同じと考えると塗装完了後に充填したとして9月下旬~10月上旬に射場搬入と考えるのがスジか。とすると打上げは年内ではなく年度内か?

同年8月、シン・ゴジラ見る(IMAX版)。

同年8月、お盆明けにM台地施設のイプシロン強化型適合検査ありとの情報。

同年8月お盆明けに現地入りして状況確認。
ロケット整備塔は外装塗装も完了、今回もランチャー下部への文字記入はなし。
射場等の整備は11月完了予定、フライトオペレーションは来月から突入。
特別公開は準備していない(通常なら夏前から準備があるがやってないもん、とのこと)、と判明。
打上日程については『種子島次第』との返答。
柵工事だけはもりもり進行中、他にやるコトあるやろ…。
機体装飾を考えると日程が合わない…。

同年9月、シン・ゴジラ見る(立川極爆)。

同年9月、フライトオペレーション開始。3ヶ月と設定されているので、11月末には打上可能となる(はず)。

同年9月、富岡ロケット祭にて『打上は年内』との発言あり。

同年9月9日、種子島から内之浦への輸送船出港、予告看板なしのかなりイレギュラー対応だった模様。塗装がどうなっているかは不明だが延長受付期間中のため塗装作業は内之浦で行われると考えるのがスジだな。

(追記9/12)
KTSの放送で『今年度中の打ち上げ予定』と出る。
元々種子島の兼ね合いで隙間で打上げるからなぁって聞いているので、微妙な表現なのは仕方ないかもしれんが情報が錯綜してる感はある。

(追記9/13)
MBCの放送で『来年1月打ち上げで調整』と出る。
種子島打上げスケジュールもあるし、12月はSS-520-4もある(よな、まだ変更の知らせ聞いてない)ので年越しさせるのかのぉ。

(追記10/25)
年内なの?年度内なの? 未だ情報定まらず。種子島の打上げ遅れの影響で後ろに1ヶ月ずれるという情報あり。そうすれば1月か?
名前入り塗装、正確にはラッピングの素材は内之浦に到着しているので貼り付け作業しているはず。
フライトオペは三ヶ月という森田先生の発言から12月からは待機状態なんだが。

前回の打上げ、宮原見学席の申し込み締切日は当初打上げ予定日の1ヶ月10日前だったことを考えれば今回も最低でも打上げ2月前には発表があると思われる(前回は3ヶ月前)。よって今月中に発表がなければ来年1月以降かな。

(以降情報待ち)

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

イプシロン試験機 14日に打上げ再設定

イプシロンM台地に立つ

2013年9月12日 13:00 ISAS/JAXA発表。
イプシロン試験機の打上げは14日13:45に決定。

ようやく再設定されました。1週間前から14日以降とのアナウンスもあったので、本当に14日なのか以降というのだから以降なのかわからない状況でしたので。

さぁ、この週末から3連休です。こりゃ行くしか無いって人多いと思いますが、すでに航空券や旅館・ホテルはアップアップの状況です。ま、ホテルなら鹿児島市内でもなんとかなっちゃいますからいいのですが、交通手段ですよねー。
特に宮原組は道路の通行規制があるので、早朝に鹿児島空港だと厳しいですから。

あと、肝付町から公式に以下のアナウンスがありました。

■見学場:公式6ヶ所は変わらず
■パブリックビューイング:内之浦漁港で実施。文化センターは未実施。
イプシロンウォーター:内之浦小を除く5見学場で販売
■えっがね(伊勢海老)味噌汁(1246杯):漁港のみで無料配布
■移動通信基地局(宮原一般見学場):3社設置
■ファミマ号(宮原一般見学場):設置

宮原は特等席な代わりに、えっがねがもらえません・・・。
ほんと、この7年間で変わったよなぁ。こんな状況の内之浦見たこと無い。

そんな今回の打上げ見学ですが・・・

行くよ!内之浦行くよ!!
飛行機や宿など、ナントカナルサーの勢いですが、行きます。会社になんと言われようが「ロケット打上げあったら休む」のを契約条件にしているのを盾に逃げます。ええ、もう踏ん切りついちゃってますんで。

この週末は内之浦でボクと握手!
宮原でお会いしましょう!

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

エマスト! イプシロン打上げ中止

予定通りカウントダウンが進んでいた新型固体燃料ロケット「イプシロン」がエマストで打上げ中止となった。
JAXAのライブ中継をよーく見いていたら、カウントダウン1秒前あたりで「エマスト!」って叫んでいるのが微かに聞こえたので、うわ、マジデスカと。その後、カウントゼロでも鎮座したままでした。

公式にはX-19秒でエマスト、打上げ中止だそうです。
まぁ、初号機ですから色々とトラブルも多いでしょうし。

しかも、今回のエマストは自律点検機能、いわゆるROSEではなく、フツーに閾値に入ってなかったとのこと。まぁ、なんにせよ不具合を打上げ前に確認し中止できたんだから問題ないでしょ。

で、あんまりエマストって聞いたことが無いので調べてみた。

k9m001.jpg
(1) 1964年7月16日
機体:K-9M 4号機
非常停止:X-3秒
不具合原因:レーダトランスポンダ異常
l3h001.jpg
(2) 1965年12月25日
機体:L-3H 1号機
非常停止:X-10秒
不具合原因:タイマ系異常
s210001.jpg
(3) 1969年8月7日
機体:S-210 1号機
非常停止:X+約3秒
不具合原因:錆によるピンの接触不良
viper001.jpg
(4) 1989年8月27日
機体:VIPER 4号機
非常停止:X+約3秒
不具合原因:ダミースイッチの入れ忘れ
m3sii001.jpg
(5) 1990年1月23日
機体:M-3SII 5号機
非常停止:X-18秒
不具合原因:補助ブースタ可動ノズル駆動用電動式油圧ポンプのサイリスタスイッチが低温のため作動せず
epsilon001.jpg
(6)2013年8月27日 ←NEW!
機体:EPSILON 1号機
非常停止:X-19秒
中止状況:姿勢異常を検知し自動停止。原因は現在調査中

※写真はエマストした機体じゃない場合があります。
このリストはあくまで『宇宙研』の『エマスト』です、NASDAとか入れてません。なので、道川で暴れたK-8 10号機や2段目すっ飛んでったK-10C 2号機は違います。前者は発射直後ですし、後者は『飛ばないように処置してたらすっ飛んでった』ですから。

今回の中止で心配なのは
【打上げ失敗!と書いちゃうメディア&言っちゃう一般人】
かなぁ。中止ならまだしも、正常な中止だってあるってのわからんだろうしなぁ。

一番かわいそうなのは、見学に来てた子どもたちかねぇ。大人は「ロケットの打上げなんてこんなものさ」ってことでアキラメロ。



にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

イプシロン、M台地に現る

やっとイプシロンのリハーサルが行われ、全貌が顕になった。

イプシロンM台地に立つ

内之浦のM台地に固体燃料ロケットが帰ってきた。M-V-7号機以来7年ぶりに帰ってきた。
あいかわらずの貧乏っぷりのISASではあるが、本当に射場設備は最低限の改修で乗り切ってしまった感じがある。

写真を見れば分かる通り、ランチャーの改修だって最低限の仕様を満たしているに過ぎず、煙道の横にはM時代の遮煙版が残ったままだ。壊す予算すら無いのである。この件に関しては音響解析的にどうなのか聞いた所「範囲内なのでそのままです…」とのこと。
M整備塔なんか、再塗装してない。最後に塗装したのってM-V-7の時だっけか。

しかし、個人的にはちょっと残念な点もいくつかある。
まず、ランチャー下部に書かれていた『打上げ衛星(探査機)の名称』が無いのだ。ASTRO-E2とかSOLAR-Bとか書かれていたアレである。フライトオペレーションに入ってM台地が立入禁止になった頃には既に書かれていたので、今回は無しってことなのかなぁ。カッティングシートでいいから今から貼り付けてくれないかなぁ。

あと、イプシロンのデザイン。
実際に見てみると、なーんか白い。歴代ISASカラーじゃないってのもあれですが、白だけってのはどーもいかん。H-IIA/Bも白橙白という(素材に危惧する色ではあるが)配色だし、ロゴとラインだけじゃロケットらしくないなー。やっぱ伝統のカラーを復活させて欲しいな。

それと、射場関係。
ECCが出来て、管制業務も次世代になった。それはそれでいいことだが、そのECCの位置って、宮原の旧報道席横なわけですよ。
そこって、M-V時代まではシュミットカメラと光学望遠鏡があった場所で、その建物を壊して作られている。で、そうなると壊した時にシュミットカメラと光学望遠鏡をどうしたのかってことで、これも中の人に聞いたら『どうなってるんでしょう…』だった。あれけっこう貴重品だし、ちゃんと使えばすげーイイモノなんだけどなー。なんかやっぱり取り壊すだけの文化つーか、種的思考が入り込んでるよなぁ。だって、ECCがあの位置である必要あるのか? もうちょっと上の段でも問題ないだろ、とか色々言いたいことはあるわけで。

今回、観測所関係者も打上げに直接関係しない人および作業が終わった人は順次退所だそーで、よーするに「種でいうところのえびの湯に三菱さん」状態。うーん、なんかしっくりこないなぁ。ECC前とか旧報道席で見せてあげなよ。

打上げ日程は予定変わらず27日。密かに今日あたり「あと1週間伸ばします」とか発表するんじゃないかと思ってたんですがねぇ、色々聞こえてはいたもので…。

あとはあれだ、打上げが成功したら「今日からM台地じゃなくてE台地にします」って言わないかドキドキしてます。だって「え、もうE台地言ってますよ…」って話と「え、変わるって聞いてないですよ…」って話とあるんだもん。

最後に。27日になったおかげで内之浦に行けません、コンチキショー。


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。