宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - NASA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

スペースシャトルに思うこと

スペースシャトルの運用が終了した。

小さいころ「夢の宇宙船」として登場し、将来は誰でも宇宙にいけるようになるという話もあり、それなりに期待していたにも関わらず、実際どうだったのかというと、それは周知の通り。

毎週打ち上げが行われるようになれば、それが当たり前になり誰も気にしなくなるとまで言われていたシステムなのに、現実はとてもじゃないがそんな状況にはならなかった。

問題点は色々ある。そのへんは 増補 スペースシャトルの落日 (ちくま文庫) を読んで頂くのが一番早いと思う。

だが、個人的にはこういう、いわゆる有翼機はあってもいいと思う。当然、スペースシャトル計画での欠点からするとそんなのを作るよりも使い捨てのほうが手間もコストも少なくて済むのは理解できるが、なんというか夢がないというか、そんな感じだ。

それはなぜか。それは自分が小さいころに見た「翼のある宇宙船」という未来的てわくわくする姿が大切だと思うからだ。高層ビルが立ち並び、エアカーがチューブ状の中を走り、モノレールが都市部を、リニアモーターカーが海底トンネルで近隣諸国を結び、超音速旅客機で地球の裏側も数時間、月面には観光基地がありシャトルで気軽に行ける、そんな未来像があったからわくわくしていたのだ。

現状の使い捨てロケットが悪いとは言わない。計画を進めるためにも既存技術を組み合わせた低コスト高頻度化できるようなものは必要ではある。だが、なんというか夢がない。
だから、将来、もう一度有翼型宇宙船を開発したっていいじゃないか、と思う。技術的、コスト的に見合うシステムになるかどうかは難しいとは思う。でも、そういう計画があるだけでも、夢があっていいじゃないか。

とりあえず、今は30年の長きにわたって運用してきたスペースシャトルにお疲れ様と言おう。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

スペースシャトル ディスカバリー 最後の飛行へ

290037_834358225_126large.jpg
Photo by DAI

現在ケネディスペースセンターではスペースシャトル ディスカバリー最後の打ち上げに向けて準備が行われています。本来ならこのミッションがスペースシャトル最終フライトだったのですが、ミッションの順番が入れ替わり、さらに9月に追加ミッションが議会承認されたので、今回含めてあと3回の打ち上げとなっています。

290037_834358578_170large.jpg
Photo by DAI

そんな数少ない打ち上げですので、今回DAIさんがわざわざKSCまで行っていますので、その写真を載せておきます。
打ち上げ予定は今のところ11月4日(現地時間)。天候は問題ないようですので、機体の不具合がこれ以上発生しないことを願います。

0001.jpg
Photo by DAI

近くにある別な発射台にもロケットらしきものが。形状からするとDELTA IV Heavyですかね。でも予定あったっけかなぁ…。


hooters.jpg
Photo by DAI

ちなみに、宿泊しているホテルから徒歩5分でHOOTERSに行けます。バインバインだそーです。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

Ares I-X 打ち上げ成功

aresix002.jpg
©NASA
 今日の明け方というよりも、昨日の深夜というほうがいいかもしれない、日本時間0時30分、Ares I-Xが打ち上げられた。飛翔は正常で今回のテストは成功したという。

 前日の打ち上げもぎりぎりまで条件が合わずに延期になっていたが、今回も天候だけが条件がそろわずずるずると遅れる。やっと回復した隙間をぬっての打ち上げ、粘り勝ちといったところか。

 今回の成功でNASAとしては一歩前進だが、オバマ政権下での軌道修正がどうなるのかで行き先不透明なんだから、関係者にしてみればたまったもんじゃないだろう。  ともかく、進んでいくしかないのが実情なんだろうなぁ。

 よく考えたら大型固体燃料"だけ"ロケットというのもひさしぶりだな。でも、正規の仕様では2段目に液酸液水のエンジンを使用するので、固体だけってわけじゃなくなっちゃうんだけどね。


アポロ13 スペシャル・エディション 【-プレミアム・ベスト・コレクション-リミテッド・エディション】 [DVD]アポロ13 スペシャル・エディション 【-プレミアム・ベスト・コレクション-リミテッド・エディション】 [DVD]
(2009/10/23)
ゲイリー・シニーズケビン・ベーコン

商品詳細を見る

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

その頃、NASAでは…


Ares-I ©NASA
 プログレス補給機が新型になろうとしているその頃、当然NASAでも次期輸送船の開発は行われている。NASAというよりは、NASAとアメリカ民間企業との共同作業だが。

 今回、ロシアとの大きな違いは『打ち上げロケットごと開発する』ということだ。ロシアの場合、いくらプログレスを新型にしても打ち上げシステム自体は変更していない。すでに30年以上も使っており、改良がされているからだが。

 一方スペースシャトルは『再利用』というしがらみが最大の問題だったことは周知の事実なのでいまさら言うことは無いだろう。最適化と改良を加えられる余地は最初から少なかったのだから。

 そこで、NASAはコスト優先で使い捨てロケットへの回帰を図ってきた。10月27日(現地時間)にはテスト機である『Ares-IX』が打ち上げられる予定である。また、有人輸送のための宇宙船も開発中である。再利用型であったスペースシャトルの教訓を得て使い捨て型での復帰を狙っている。

 …はずなのだが、スペースシャトルの亡霊のおかげでAres-Iの1段目は再利用される。元々がシャトルのSSBなのだから、今までだって回収して再利用しているというが、実際そのコストは使い捨ての場合とどれだけ差が出るのだろうか。まして、使用回数をあらかじめ決めてしまった場合、改良や修正が遅れることになるのではないだろうか。喫茶店などの貸しおしぼりとは違うのだから、コスト重視もいいが、運用性とメンテナンス性をもう少し考えたほうがいいような気がする。

 もっとつきつめてしまえば、国際協力でできることできないことを分ければいいんじゃないだろうか。輸送に関してはロシアのほうが効率も価格も上だ。ESAも輸送船を開発しているし、日本はHTVがある。どれかに集約してしまうと、何かあった場合に困るので、複数あることはいいことなのだが、今のアメリカにそれができるのだろうか。
 民間にできることは民間でというのもわかることだが、その先にあるのは結局のところ資本主義にならんのだろうか。そうなったら、あまり面白くない状態になりそうなんだがなぁ。はてさて。


国際宇宙ステーション 開かれる宇宙への扉 [DVD]国際宇宙ステーション 開かれる宇宙への扉 [DVD]
(2009/11/19)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

月面衝突探査機『LCROSS』まもなく衝突へ


©NASA
 乱暴な言い方をすれば、月面特攻隊な探査機とでもいいますか。目的は月に水があるかを調査すること。その方法が特攻隊のようなシステムなので面白い。

 打ち上げはアトラスVを使うのは、まぁ普通。でもその先のオペレーションからがこのミッションのキモ。
 まず、普通は衛星なり探査機なりは2段目から切り離されて目的の軌道に投入するのだが、このミッションは探査機は切り離しせず(正確には同時に別な衛星も打ち上げているので、そちらは切り離している)に、月への軌道に投入。2段目と一緒のまま月スイングバイを行って目的の軌道に投入したのだ。

 切り離さずに残した2段目は、そのまま月面へのインパクターへと早変わり。なんともまぁ、発想の転換といいますか、思いついたヤツが凄いという作戦。確かにこれ以上質量のあるインパクターはありませんなぁ。

 月に近づいたら、2段目と探査機は切り離されて、2段目が月面に突入します。その様子を探査機が至近距離で観測し、探査機もその後月面衝突するという、まさに特攻隊。

 衝突の瞬間は他の望遠鏡でも観測される。NASAの資料によると、地上では、ケック天文台、ニューメキシコMROとアパッチ、アリゾナのMMT。宇宙からは、ハッブル宇宙望遠鏡、GeoEYE、Odin、EO-1、そしてLCROSSと同時に打ち上げられたLROという豪華布陣。それ以外にも観測する天文台があると思われるので、かなりの規模だわ。すごいなぁ。

 衝突時間は、日本時間10月9日20時30分ごろ。その瞬間はNASA TVでの中継も決まっているので、時間がある方はNASA TVを見るのがいいだろう。結果はいかに。


NASAから毎日届く 驚異の地球 ナマ情報 ~美しい地球と不安な地球~NASAから毎日届く 驚異の地球 ナマ情報 ~美しい地球と不安な地球~
(2009/03/19)
矢沢サイエンスオフィス

商品詳細を見る

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。