宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

夏の打上げシーズン到来

JAXAから夏季打上げ日程が一斉に発表された。
日程順に列挙すると

S-310-42 / S-520-27
打上げ予定日 :2013年7月20日(予備期間 7月21~27日、8月18~25日)
打上げ予定時刻 :夜間(23:00~翌日01:00)
打上げ場所 :内之浦宇宙空間観測所(USC) KS台地

H-IIB F4 / HTV-4
打上げ予定日 : 2013年8月4日(予備期間 8月5日~9月30日)
打上げ予定時刻 : 4:48頃(JST)
打上げ場所 : 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場

■EPSILON-1 / SPRINT-A
打上げ予定日 : 2013年8月22日(予備期間 8月23日~9月30日)
打上げ予定時刻 : 13:30分~14:30(JST)
打上げ場所 : 内之浦宇宙空間観測所(USC) M台地


H-IIB F4に関しては他のブログをどうぞ。

まぁ、今年はどう考えてもイプシロン初号機に注目が集まるわけですが、日程的にH-IIBの後になりました。
H-IIBはISSへの物資輸送ミッションなので、気象条件さえ整えば打上げ可能なのでそんなに遅れることはなさそう。もちろん機体その他健全であることが前提ですがね。
なので、その打上げが終わった後にイプシロンってのは正しいというか普通な感じ。

どちらかといえば、イプシロン初号機は「地上設備は順調だが機体が…」という声も聞こえてきているので間に合うかどうかちょっと心配。
カラーリングもなんとか伝統の色を残せた感じだけど、これ「今はこれが精一杯 by ルパン三世」的な気がしてならんのですが、CFRPに塗装じゃ重量増えちゃうししょうがないんかなぁ。そもそものCFRPケース製造時に色ませこんじゃえばいいんじゃね、とか思うんですが。

それとM台地が「E台地」に変わるとかいう話も聞こえてきていたり。『え、変わるんですか!?』という中の人と『え、もうE台地言ってますが…』という人がいるので、正式にどっちになるのか現時点では不明。内部的に決まっているかもしれないですがねぇ。打上げ成功したら変わるんじゃないかと思っておりますが、どーもしっくりこないなぁ。

そして個人的にイチオシなのがS-310-42とS-520-27の連続打上げ。
これ、気象条件が厳しくて

・月明かりのある夜間であること。
・電離圏に電子密度擾乱が発生していること。
・ロケットの保安や飛行に影響を与えない天候であること。

を満たさないと打上げが実施されません。
私がずっと言ってる「観測ロケット打上げ見学の難しさ」の中でもかなりの高難易度でしょう。
予備期間もH-IIB打上げ前後と新月の期間は除外されていますし、イプシロンの期間もそうそう打上げできない気がします。夜中だからM台地に人が居ないと仮定すれば可能ではありますが、漁業関係者次第か。
なんにせよ、予備期間含めてもかなり短い期間ですので、後半は多少条件が悪くても打ち上げる可能性はあります。
夏の電離層をターゲットにしているならなおさらですが、ほんと条件厳しいなぁ。

だがしかし、一番の問題は、この日程じゃどれも行けそうもないという事実。困った、非常に困った…。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。