宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 内之浦か種子島か (1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

内之浦か種子島か (1)

©JAXA

 次期固体ロケットの射場問題が、ここにきて多少露出してきた感が出てきた。火種は1つ前のエントリーで書いた、『「次期ロケット 内之浦に」 宇宙開発促進協総会 国に打ち上げ要望へ』という南日本新聞の記事である。

 最初に感じることは、「なんだ、まだ正式決定してないのか」ということだろう。予算の都合上、概算要求が認められた段階で発表するのではないかと思っていたのだが、どうもそういうタイミングだけの問題ではなさそうな雰囲気のようだ。

 そんな南日本新聞の記事に対して、反論があった。どうもこの方は南種子町ではそこそこの人で、少なくとも種子島宇宙センター(以下、TNSC)のことに関して南種子町の意見を伝えていることは間違いないと思われるし、その発言に関しては、ほぼほぼ南種子町側の意見であると考えていいだろう。

 内之浦宇宙空間観測所(以下、USC)を第一候補に考えているという発言は、JAXA/ISAS内からも聞こえているし、宇宙開発委員会でも度々話題になっていることから、そのこと自体は間違いはないと思われる。ただ、現在もまだ正式前であり、"国に要望する"段階であるという事実もある。

 まず前提条件というか、根底にある次期固体ロケット(イプシロン)の動きは、なかなか定まらなかった。やっと2010年度から正式プロジェクトとなり開発がスタートしている。初号機打ち上げ目標は2012年度。それを考えれば、射場に関しても正式決定していなければならない時期にはなっている、というか、むしろ遅いくらいだ。
 その次期固体ロケットの審議中に、しばしば「射場はUSCを第一候補に…」という言い回しが登場している。2007年以降の宇宙開発委員会でも登場していることから、この意見はISAS次期固体ロケットチームからの考えというよりは、JAXAとしての意見という意味合いになるだろう。宇宙開発委員会での発言は、議事録として公開されているので、いち部署の意見だけで発言するのは危険な場所だからだ。
 その後、次期固体ロケットチームリーダーの森田泰弘氏の発表による"USCとTNSCの衛星軌道投入能力"の数値データーや"内之浦港?USC間の輸送問題"の解決などによって、USC案で進行しているように取れる事象が続いていた。さらに、SRB-Aと同じ重量、大きさのダミーをTNSC内からUSCへ実際に輸送する実験も行われ(手違いで内之浦港ではなく鹿児島港からの輸送になってしまったが…)、出水旅館前にある電柱のクリアランス不足以外の問題点は全てクリアしたという報告もある。出水旅館前電柱に関しても、輸送時だけなのか移設なのかの結論は出ていないが少なくとも輸送時には撤去されるということで、こちらもクリアしたとのことだ。これには危険物の輸送などの諸条件も含まれているので、法律的にもインフラ的にも問題ないと判断できたということと解釈できる。
 ここまで準備も実地調査も行われ、USCのある肝属郡肝付町からも特に反対意見も聞かれないことからほぼ決まりだと思っていたところ、今回の反対意見を見つけた次第。しかも、ある程度の役職にある方の発言であるのだから、どうなってんの、と。

 汚い言葉で申し訳ないのですが、簡単にうと『種で作ったんだから種で打て』ということだ。色々と要点を挙げて説明しているのだが、気になっている部分はそんなところではなく、JAXAとして一切説明していないのではないかという疑問点が湧いてくることでしかない。ISASというか次期固体ロケットチームの発表を見る限り関係各所との連絡は密にしている気がするので、ここの矛盾点も気になる。

 話が長くなりそうなので、次のエントリーに続きます。


聖地巡礼NAVI―アニメ&コミック聖地巡礼NAVI―アニメ&コミック
(2010/05)
ドリルプロジェクト

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。