宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 『はやぶさ2』と『イプシロンロケット』承認へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

『はやぶさ2』と『イプシロンロケット』承認へ

本日開催の宇宙開発委員会推進部会で次の段階に進む"了承"を得た。
これで、11日に開催される同委員会での通過もほぼ決まり、『はやぶさ2』は開発研究段階、『イプシロンロケット』は開発へと進むことになる。

はやぶさ2』に関しては研究開発段階ということだが、一度動き出したプロジェクトは技術的な難題が発止し、スケジュールが遅れない限り、よほどのことがない限り中止にはならない。『LUNAR-A』はペネトレーターの開発の遅れであり、『ASTRO-G』はアンテナの問題というように、何か要因が発生しない限りは大丈夫。
はやぶさ2』の場合は、打ち上げ日程の問題もあり、遅れることは許されないスケジュールに突入しているので、ここからが正念場であろう。

 製造に関しては、NECになるだろう。競争入札ではなく、"MUSES-Cの技術を最大限活用するには製造を担当したNECと契約するのが妥当"という随意契約になるものと思われる。

 『イプシロンロケット』も同様だ。固体燃料技術があるのはIHIエアロスペースだけであり、M-VとSRB-Aの製造もIHIエアロスペースだからだ。

 どちらにせよ、やっと一息つける気がするが、まだまだ予断は許されないという。2位じゃダメだということがはっきりした今だからこそ、1位を守り続ける分野を大切にしないといけないのだ。
 まして宇宙産業は10年オーバーの投資の世界だ。イオンエンジンが商用化できそうになるまで何年かかったかを考えれば、来年回収できるような通常の産業と同じ目線で語るのは、いかがなものか、と。

 漁業協定の打ち上げ日程撤廃もあり、やっと日本の宇宙産業も先が見えてきたのだ、このチャンス最大限に活用してほしい。


探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ (ニュートンムック Newton別冊)探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ (ニュートンムック Newton別冊)
(2010/07/27)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。