宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - S-520-25号機 打ち上げ終了

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

S-520-25号機 打ち上げ終了

01_b.jpg
©JAXA/ISAS

S-520-25号機 発表文

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、最大高度300km程度に到達する約10分間に渡るロケットの弾道飛行を利用して、電離層中におけるエレクトロダイナミックテザー(EDT)の基礎実験と微小重力環境下におけるテザーを用いたロボットの姿勢制御を目的とした観測ロケットS-520-25号機を2010年8月31日05時00分(日本標準時間)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角82.5度で打ち上げました。

ロケットは正常に飛翔し、発射後55秒に開頭し、58秒にプラズマ計測プローブ(FLP,SPP)を展開して観測を開始しました。導電テザーは予定通り120秒に伸展を開始し、この様子はKuテレメータを介して地上に伝送されました。テザーロボット(TSR)は297秒に子機(DAU)から分離し、310秒までTSRのアーム操作による姿勢制御を実施しました。
プラズマ収集実験に関しては、高電圧制御が正常に行われなかったものの、導電テザーおよび導電ブームが正常に伸展した事、ホローカソード(HC)の高速点火機能が実証できたことにより、より効率的なプラズマ収集装置が開発できる見通しを得る事ができました。

ロケットは発射後283秒で最高高度309kmに達し、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。

光学班は発射後5秒までロケットを追跡しました。
本日の天候は曇、地上風は南東の風4m/秒、気温26℃でした。

これをもちまして、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所の2010年度第1次観測ロケット実験は終了しました。関係各方面のご協力に感謝いたします。


 というわけで、一週間の延期はありましたが無事に打ち上げは成功しました。国内での観測ロケット打ち上げは2年ぶりで、おまけに夜間、外打ちだったので、ひさしぶりに固体燃料の閃光が見られた実験となりました。

 一部実験装置の不具合により取得できなかったデーターがありますが、メインであるデザー展開は問題なく行われたようですので、成といっていいのではないでしょうか。

 平成22年度夏期観測ロケット実験はこれにて終了となります。といっても、これ一本だけなので寂しいものですが、来月11日にはH-IIAの打ち上げもありますので、もうちょっと打ち上げシーズンは続きます。来年度からは日程制約がなくなるので、シーズンって言葉も使わなくなるんでしょうねぇ。


スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。