宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 『はやぶさ(MUSES-C)』、帰還は大丈夫なのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

『はやぶさ(MUSES-C)』、帰還は大丈夫なのか?

367460_13367517.jpg

はやぶさ(MUSES-C)』のイオンエンジンが再点火され、動力飛行に移行したといっても、喜んではいられない。
もう、ほとんどの方がご存知の通り、X,Y軸のリアクションホイールが故障し機能停止、姿勢制御用のスラスタも全損の状態。残ったZ軸リアクションホイールと、イオンエンジンのジンバル機構、それと太陽輻射圧で制御しなければならない。

んなら、そのZ軸のリアクションホイールが壊れたらどうするねん。普通はそう考えます。以前何かの公演で「何かしらの対策を考えています」と、またヤマトの真田さん級な発言をしていたんですが、今回の再点火前に、はやぶさ(MUSES-C)の航行プログラムを書き換えたんだそうです。

いやはや、どんな規模の真田さん級なんだと思って過去の資料をひっくりかえしたところ…

随意契約 No.1517
はやぶさRW-Z/IRU故障時対応用改修ソフトウェアの開発および運用準備一式
2008/05/14 日本電気(株) 24,990,000円


…ちゃんと予算ついてる。しかも、かなり高額。
IRUって、『慣性航法誘導装置』だから、もうイオンエンジンのジンバル機構が壊れない限りなんとかするぞ、という改修なのか。怖い、やっぱISAS関係の人たちは怖いわぁ。

ちなみに写真は、以前イベントで川口プロマネが『はやぶさ(MUSES-C)』を説明するときに使ったもの。相模原によく鎮座してるやつですね。

スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

No title

開発時のメンバーもかなり散ってしまっているようなので、どうやってるんだろうと思っていたのですが
ちゃんと予算付けて、対応しているのは初めて知りました。

これはもう、カプセル投下時に精度が出せるかのレベルまで
来ているのかなと期待しております。
たとえちょっとずれてしまっても、地球のどこにおちても回収して欲しいですねー


まぁ、普通は

JAXAのホームページは見ていても、契約調達とかまでは見ないでしょうねぇ。
これ、ちゃんと契約一覧に書いてあるので、発注されたことは間違いないです。
ほんと、どこまで鞭打ちまくる気なんですかね、ISASの人は。
プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。