宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 独自で有人月面探査!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

独自で有人月面探査!?

fuji001.jpg
©JAXA (画像は『ふじ』のイメージCG。今回の件と直接関係はありません)

突然、日本独自で有人月面探査というニュースが流れた。
これは、あの『ふじ構想』の再来か、と一瞬思ったのだが、どうも何か素直に喜べない。
いや、最近個人的にISASの方向へ嗜好が行ってるというわけではなく、JAXAだけではない何かがあるんじゃないかと感じたからだ。

やはり、あちこちで懸念の声があがっている。有名なところでは松浦晋也氏のBlogであろう。宇宙作家クラブのBBSにも笹本祐一氏の書き込みがなされていることから、この件、かなり裏がある。

宇宙開発戦略本部事務局が提出した「先端的な宇宙開発利用の推進について(宇宙科学、有人宇宙活動、宇宙太陽光発電等)」という文書にそのポイントが書かれているというが、現段階では閲覧できない。このへんはマニアと作家や関係者の差だよなぁ。

とにかく、おおざっぱにまとめると『日本は今後アメリカのついていって月有人探査やります。だから他の太陽系探査とかはやめますよ』と言ってるように感じてくる。

アメリカについていって、今までいいことあったのか?
それによって、さんざんな目にあったりしてたんじゃなかったのか?
それは、日本が参加することに絶対の意味があるのか?

宇宙科学の世界では、"一番"であることが最重要視される。
二番手以降の成果は、意味を持たない世界だ。だから、日本は少ない予算で一番を狙い、トップレベルの成果を上げ続けているのではなかったのか?

単なるアメリカとの付き合い、安全上の問題での協力、JAXAによる組織を守るための予算確保、三菱重工など宇宙関連企業の利益確保、色々と渦巻いていそうだ。

今回の文章は、いずれ宇宙開発戦略本部のホームページで公開されるだろう。ひょっとするとパブリックコメントも募集するかもしれない。

今後の動きを注意深く見守らないと、H-IIAどころか、小型衛星や次期固体ロケット、ましてや観測ロケットまで葬り去られる可能性がある。

俺達の血税だ、どう使うかくらい、俺達に決めさせろ、話はそれからだ。
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。