宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - H-IIB打ち上げ見学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

H-IIB打ち上げ見学

091001.jpg
H-IIB TF-1 射点へ移動中
遅くなりましたが、H-IIB TF-1の打ち上げを見学に種子島までいってきました。

機体移動から見学するために前日の鹿児島発種子島行きの飛行機で島へ渡ってホテルへ到着。もうご存じだと思いますが、種子島と鹿児島を結ぶ高速船が流木の影響で全面運休との知らせにホテルマンとタクシー会社の人が右往左往してます。こちらも明日の朝にトッピーで島に渡る友人がいるので、急いで連絡しなんとか朝からフェリー乗り場へ行くように伝える。朝のフェリーでは機体移動には間に合わないのだが、島に渡れないという最悪の事態もあるので油断できない。前日乗り込みの飛行機で我々は助かりましたが。

機体移動当日、朝5時半に起きだして、種子島宇宙センター(TNSC)へ向かう。
ロケットの丘は狭く、撮影ポジションを確保するために早めに動きます。

7時、TNSC内ロケットの丘へ到着、一番乗りなので、とにかく最前列に三脚を立ててスタンバイです。といっても機体移動まではあと4時間あるんですが、まぁ、しょうがありません。

091003.jpg
長谷展望公園からのH-IIB
前回の機体移動ではあふれるほどの人がいたのが、今回は少な目。H-IIB初号機なのに出足が悪いのは、高速船が運休している影響もあるんだろうな。

11時15分、予定より遅れて機体移動が開始されました。
上空では、ダイヤモンドサービスの飛行機が飛んでいます。
H-IIBはゆっくりとした速度で射点へ移動しています。やはりH-IIBはでかい。VBAの大きさはビルなどと比較するとそんなに大きく感じないのですが、中から出てきたH-IIBはやっぱりでかい。
20分ほどで機体移動は終了。今回はいままでの射点ではなく新設された方からの打ち上げなので、途中でドリーの動きが横に向いたりしているのがわかりました。
移動が終わったので機材を片づけて、TNSCの竹崎展望席へ向かいます。まだこの時点では報道席に入れるので、そこからの様子を見ておきます。

竹崎の次は打ち上げ見学する場所を決めるために色々島内を周っておきます。

091004.jpg
元えびの湯から夜のH-IIBを望む
何箇所か行った中では長谷展望公園が正面から見える位置にあるので、見た目気持ちいい位置なのだが、遠い。今回のカメラは2台シンクロさせて撮影するので、固定カメラのレンズ性能だと問題ないが、手持ちではきついので、結局、元えびの湯に行くことにする。

元えびの湯に到着すると、人がわんさかいる。これは場所取りがやばいということで、そのまま場所を確保して居座ることに決定。この段階で午後5時。まだ9時間もありますと。

数時間後、すっかり暗くなった空の下、TNSCのH-IIBやVBAがライトアップされて浮かんで見えます。
まだまだ打ち上げ時刻には余裕があるので、車の中で休憩。本当は仮眠をすればいいんだろうけど、どうせ寝付けないだろうから、せめて体力温存しておかないとね。

打ち上げ予定時間まで2時間を切ったので、撮影場所に戻ってあれこれ考える。夜間の撮影は初めてなので、絞りやシャッター速度がなかなか決められない。
ああだこうだ考えても埒があかないので、えいやっと覚悟を決めてしまう。

そのままま待機して、打ち上げ時刻である9月11日午前2時1分46秒になると…

091101.jpg
H-IIB TF-1 / HTV 打ち上げ@TNSC
一瞬にして闇から光の世界になったかと思うと、するすると上昇していくH-IIB。速い、LE-7AクラスタとSRB-A4本のおかげか、いままでの打ち上げの中では初速があるように見えた。まぁ、初速はS-310を見てしまうと比べ物にならないくらい遅いのですがね…。
とにかくシャッターを切りまくる。あっというまに雲の中に消えていってします。ああ、この雲邪魔だなぁ。

みんなで拍手をしたあとにのんびり撤収作業。見学していた元えびの湯では、JAXAの放送が入らないので、どうなったのかそわそわしながら作業を進めると、次々とシーケンスが正常に消化されていく報告が入る。
そして、15分後。HTV切り離しと予定軌道への投入成功の知らせが入る。よし、これで『ロケットの打ち上げは成功』だ。あとはHTV側の問題だな。

機材を片づけて西之表のホテルに帰ってきたら4時半過ぎてた。そのまま写真データをバックアップしたりと、なんだかんだで朝6時になる。さすがにつかれてそのまま倒れるように寝る。どうせこの後の予定はないんだから、ゆっくり寝れるのがありがたいわけで。

とにかく、夜間打ち上げはきれいですな。撮影は難しいけど、見るだけなら簡単ですから、一度は見学したほうがいいでしょう。


新版 日本ロケット物語新版 日本ロケット物語
(2003/09)
大沢 弘之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

■宇宙貨物船(HTV)、順調に飛行=衝突回避訓練で機能確認-筑波管制室-新政権の目利きぶりのなさを暴くのにあと5日!!

■宇宙貨物船(HTV)、順調に飛行=衝突回避訓練で機能確認-筑波管制室-新政権の目利きぶりのなさを暴くのにあと5日!!
こんにちは。日本のHTV順調に飛行を続けていますね。国際宇宙ステーションとの衝突回避実験も無事終了しました。あとは、18日のドッキングを待つだけです。よほどのことがなければ、成功するでしょう。この意味するところは、素晴らしいです。久々の日本の大快挙です。それだけでなく、将来に与える影響としても、計り知れないものがあります。しかし、新政権では、こうした快挙に賛辞の声もあがりません。18日にドッキングに成功しても、なしのつぶてであれば、日本の高い技術水準や将来性に対する目利きが誰もいないということになります。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

行きたかった

行きたかったのぉぉぉぉぉ
種子島ラズベリー賞が見れたのはよかったYo
orz
プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。