宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - どーなった? S-520-25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

どーなった? S-520-25


S-520-25の実験シーケンス ©首都大学東京
明日の早朝、HTVがISSにドッキングするという日、本来ならばその時と並行して内之浦宇宙空間観測所でS-520-25号機の打ち上げが行われるはずだった。
しかし、現時点での情報では延期になった模様。詳細を得るべく、内之浦へ電話してみるが詳細は教えてくれない。種子島へ電話してみると『搭載観測機器の不具合で打ち上げは延期』『延期後の打ち上げ日程は未定』とのこと。

搭載機器を担当している大学の情報もなし。ただ、先週まで観測機器を仕上げていたような情報があるので、振動試験などが間に合わなかったのかもしれない。
新たな打ち上げ日程は、今後の会議によるが、9月中の打ち上げは絶望的だ。予備枠にはIGSの打ち上げが入っていて、これは11月下旬が濃厚。すでにIGSが種子島に搬入されているので、ほぼ日程的には決まりだろう。そうすると、12月はIGSの予備日に設定されるので、観測ロケットに回す日程は無い。

S-310-40とS-520-26は平成21年度以降ということなので、来年1,2月の冬期打ち上げシーズンに延期の可能性が高いと思われるが、H-IIAによるPLANET-Cが来年春ということで、日程のトレードオフがあり打上げない可能性も否定できない。

確か、S-520-24号機も頭頂部機器のトラブルが発生し打ち上げ時期延期の可能性があったことを考えると、大学レベルの実験装置、しかも史上初の逸品モノとなるとスケジュールを守るのも性能道りに仕上げるのも生半可なことじゃないんだな、と。

とりあえず、私は種子島滞在中に情報を仕入れていたので内之浦入りはしていないのですが、現地に向かった友人からの情報を待つことにします。

がんばれ、S-520-25号機チーム!


めざせ!スペースマスター 宇宙検定100〈2〉人工衛星―人類の宇宙活動事典めざせ!スペースマスター 宇宙検定100〈2〉人工衛星―人類の宇宙活動事典
(2009/01)
渡辺 勝巳

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。