宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - メッセンジャー、最後の水星フライバイ成功

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

メッセンジャー、最後の水星フライバイ成功

CW0162741055G_RA_3_web.png
©NASA ©JHU/APL
 日本時間9月30日6時55分ちょっと前(原文の英語がShortly before 5:55 p.m.なので)に、水星探査機『メッセンジャー』は無事に最後の水星フライバイを終えたようだ。
 フライバイ後のテレメトリは正常で、ハイゲインアンテナでの通信が再開され次第順次観測データのダウンロードを開始。なんと最接近から15時間ちょっとで取得した画像を公開してしまった。

 すでに3回目の接近であり、チームに余裕があるのかもしれないが、ハイゲインアンテナが24時間使える体制にあるNASAだからできる技だなぁ。これが日本だったら、せいぜいスイングバイの前後の運用はNASAからDSNを借りて行い、データは臼田64mか内之浦34mの可視時間まで待って行われるんだろうなぁ。日本にも海外局ほしいよなぁ。あ、ちゃんと計算してないのでアレですが、ひょっとしたら臼田で可視が可能な時間で運用もできるかもしれないですね。そのへんはBepiColomboで確認できそうですが…。

 この後、軌道変換作業を行えばいよいよ旅路のクライマックス、水星周回軌道投入だ。予定では2011年3月18日、1年半後の話。その間、メッセンジャー水星軌道付近を5周して水星とのタイミングを合わせるのだ(水星は軌道を6周)。数字だけ見ればあと534日もある。長いなぁと思うが、あの『MUSEC-C(はやぶさ)』だってもう来年の6月には戻ってくる(必ず!)。意外と早いもんですよ。年食った証拠かなぁ…。


みるみる理解できる太陽と惑星 新訂版 (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)みるみる理解できる太陽と惑星 新訂版 (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
(2009/06)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

No title

どもです。
メッセンジャーは打ち上げの頃からウォッチしていますが長いですねー トラブルらしいトラブルを聞かないので、凄いと思います。
打ち上げた頃はメッセンジャーとニューホライズンが観測終えるまでは死なないことにしようと思っていましたが、いやはやw
たぶん定期的に長期ミッション探査機打ち上げてくれれば150歳ぐらいまで生きられると思います。

去年簡単な、切り貼りで動画作っちゃいましたが
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2198671
観測終える頃に、まとめを作ってみたい物です。
プロフィール

おかざー

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。