宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - H-IIA 16号機 11月28日に打ち上げ決定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

H-IIA 16号機 11月28日に打ち上げ決定

H-IIAF12.jpg
H-IIA・F12 ©JAXA / MHI
 9月30日、内閣官房内閣情報調査室から11月28日にH-IIA 16号機を種子島から打ち上げると発表があったというニュースが流れた。
 16号機はIGS関連なのは周知の事実であり、打ち上げ日程も直前にならないと発表されないと思っていたが、いつもの水路情報などよりも先に内閣府から情報が出てくるとは思わなかった。

 情報収集衛星というか偵察衛星はセキュリティが厳しく、種子島の見学でさえ何度も身分証明書の提示を求められる状態になる。

 日程に関しては11月下旬というのが非公式に聞こえてきており、内之浦宇宙空間観測所の一般公開日が11月1日になったのも、この打ち上げの影響を考慮して前倒ししたという話もあるくらいだ。

 打ち上げ日程は決まった。予備日が11月29日?12月27日なので、枠内ぎりぎりまで確保しているのはさすがだなぁ。

 今回使用されるH-IIAの型式はどうなるのか。今までの打ち上げは…
  • 5号機:2024型 情報収集1号Aレーダー/情報収集1号B光学
  • 6号機:2024型 情報収集2号Aレーダー/情報収集2号B光学(打ち上げ失敗)
  • 10号機:202型 情報収集光学2号
  • 12号機:2024型 情報収集レーダー2号/情報収集光学3号実証機
 今回は情報収集光学3号だ。単体での打ち上げ例は10号機で既に行っているので、今回は202型でいく可能性が高い。ただし、種子島滞在中に見たSSB運搬トレーラーの件もあるので、2022型か2024型かもしれないが、あまり厳重な輸送ではなかったので空荷の可能性のほうが高いかなぁ。
 日程的に今回はパスするしかないかなぁ。


DVD&ブック 植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン ―北海道の小さな町工場が“知恵”と“くふう”で「宇宙開発」に挑むDVD&ブック 植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン ―北海道の小さな町工場が“知恵”と“くふう”で「宇宙開発」に挑む
(2009/09/15)
植松 努

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。