宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 新型プログレス補給機のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

新型プログレス補給機のこと


Progress M-03 ©S.P.Korolev RSC Energia
 ISSに向けて10月15日にプログレス(Progress)補給機が打ち上げられる予定だ。ドッキングポートはロシア側なのは当然なので、HTVと一緒にISSにつながっている映像が見れることだろう。

 HTVは当面年間1機の打ち上げなので、プログレスへの依存度は相変わらず高い。しかも失敗する確率が低いというのもISS運用にとってはいいことだし、次々に打ち上げが可能な量産体制もすごい。国の財政難が無ければもっと凄いことできちゃうんだろうなぁ、ロシアは。

 1978年のプログレス1号(11F615A15)の打ち上げから30年、数回の改良を行い、今度のプログレス(35P)から完全に新型機に移行する。コンピューターやインターフェイスなどを刷新し、近代化と75kgの軽量化を達成したモデル(Progress-M/11F615A60)だ。

 次回の打ち上げから新型になると訳してあるサイトが多いが、この新型プログレスは既に過去2回打ち上げられ成功している。いきなり新型機に切り替えるとトラブルがあった場合打ち上げ計画に大きな影響が出かねないので、従来型も並行して作られていたわけだ。それが今回新型のみになったということは、ロシアとして合格点を与えたということだろう。両方の仕様を残しておけばコストも増えるしな。

 新しいアメリカの輸送船は、プログレスに勝てるのだろうか。この分野では勝てない気がするんだが、はてさて。


国際宇宙ステーション 開かれる宇宙への扉 [DVD]国際宇宙ステーション 開かれる宇宙への扉 [DVD]
(2009/11/19)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

一方アメリカは

民間にすべて投げてしまったって事になりそうですね
プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。