宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - MUSEC-C「はやぶさ」復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

MUSEC-C「はやぶさ」復活


©ISAS / JAXA

 先日、イオンエンジンのトラブルで帰還が危ぶまれていたMUSEC-C「はやぶさ」ですが、今日の18時にJAXA東京事務所において記者発表が行われた。
 記者発表ということで、いよいよ最期かという考えも頭をよぎったが、そこは宇宙科学研究本部のことだ、なにか目処が立ったので記者発表を行う可能性だってある。

 記者会見開始とほぼ同時にプレスリリースの配信、メルマガ配信と事前に準備は整えていたであろう状況だが、その内容は、はやぶさマニアでも驚愕の内容だった。


小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について
平成21年11月19日
宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(以下:JAXA)は、平成21年11月9日にご報告いたしました、小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンの異常について、その対応策を検討してきました。その結果、今後の運用に対する見通しが得られましたので、イオンエンジンの状況を注視しつつ帰還運用を再開することとしました。

 JAXAでは、4つのイオンエンジンについて、中和器の起動確認や流量調整等を実施してきました。その確認作業において、スラスタAの中和器とスラスタBのイオン源を組み合せることにより、2台合わせて1台のエンジン相当の推進力を得ることが確認できました。

 引き続き慎重な運用を行う必要はあるものの、この状況を維持できれば、はやぶさの平成22年6月の地球帰還計画を維持できる見通しです。

 今後もはやぶさの地球帰還に向けて、注意深く運用を続けてまいります。運用状況については,適時報告いたします。


 まずもって、運転再開に拍手を送ろう。
 しかし、この妙案ともいえる方法でイオンエンジンの運転が再開できてしまうロバスト性能は並みじゃない。記者会見で、新聞記者が「この回路はイオンエンジンのトラブルを想定していたものなのか」という質問に対して、國中先生は「そうです」と答えている。なんだその回路設計は、いや、設計ではなく思想か。

 別々なスラスタにある中和器とイオン加速器を使えるように、あらかじめ回路を組んでいたということ自体、衛星や探査機の設計の奥深さとノウハウの蓄積を感じる。ワンチャンスしか与えられない宇宙研時代の探査機は、何があっても動かなければならない。それならば考えられる保険をどれだけ実装できるかとう部分も相当あるに違いない。まさに「真田回路」である。

 さぁ、これで当面の目処はついた。来年の3月まで無事に動き続けてくれ。


はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)
(2006/11)
吉田 武

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。