宇宙関連巡礼の旅 - Weblog版 - 観測ロケット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

S-520-25号機 打ち上げ終了

01_b.jpg
©JAXA/ISAS

S-520-25号機 発表文

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、最大高度300km程度に到達する約10分間に渡るロケットの弾道飛行を利用して、電離層中におけるエレクトロダイナミックテザー(EDT)の基礎実験と微小重力環境下におけるテザーを用いたロボットの姿勢制御を目的とした観測ロケットS-520-25号機を2010年8月31日05時00分(日本標準時間)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角82.5度で打ち上げました。

ロケットは正常に飛翔し、発射後55秒に開頭し、58秒にプラズマ計測プローブ(FLP,SPP)を展開して観測を開始しました。導電テザーは予定通り120秒に伸展を開始し、この様子はKuテレメータを介して地上に伝送されました。テザーロボット(TSR)は297秒に子機(DAU)から分離し、310秒までTSRのアーム操作による姿勢制御を実施しました。
プラズマ収集実験に関しては、高電圧制御が正常に行われなかったものの、導電テザーおよび導電ブームが正常に伸展した事、ホローカソード(HC)の高速点火機能が実証できたことにより、より効率的なプラズマ収集装置が開発できる見通しを得る事ができました。

ロケットは発射後283秒で最高高度309kmに達し、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。

光学班は発射後5秒までロケットを追跡しました。
本日の天候は曇、地上風は南東の風4m/秒、気温26℃でした。

これをもちまして、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所の2010年度第1次観測ロケット実験は終了しました。関係各方面のご協力に感謝いたします。


 というわけで、一週間の延期はありましたが無事に打ち上げは成功しました。国内での観測ロケット打ち上げは2年ぶりで、おまけに夜間、外打ちだったので、ひさしぶりに固体燃料の閃光が見られた実験となりました。

 一部実験装置の不具合により取得できなかったデーターがありますが、メインであるデザー展開は問題なく行われたようですので、成といっていいのではないでしょうか。

 平成22年度夏期観測ロケット実験はこれにて終了となります。といっても、これ一本だけなので寂しいものですが、来月11日にはH-IIAの打ち上げもありますので、もうちょっと打ち上げシーズンは続きます。来年度からは日程制約がなくなるので、シーズンって言葉も使わなくなるんでしょうねぇ。


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

S-520-25号機 打ち上げ延期

 本日予定されていたS-520-25号機の打ち上げは、天候が条件を満たさないとのことで延期になりました。
新たな打ち上げ日は2010年8月31日 午前5時です。

 どうも現地では大雨だったということなので、内之浦のアメダスを見てみると…

【2010/08/28 AMeDAS Uchinoura(88506)】
時刻 気温降水量風向風速日照時間
mm16方位m/sh
1 28.20.06 
2 28.20.06 
3 27.90.5東南東7 
4 26.30.5東南東50.0
5 25.51.5東南東30.0
6 26.60.040.0

 内之浦のアメダスは江平公民館の近くにあります。しかし、内之浦宇宙空間観測所(USC)の天候は内之浦市街地と一致しないことはよくあることですから、このデーターだけでは判断できないのです。

 もう一方、現地入りしている、柴田孔明さんのtwitterによると、旧・高山町側では大雨だったという。同じ肝付町でも、旧・高山町と旧・内之浦町は国見峠で分断されていたような土地なので、天候が違うことはままある。そんなわけで、旧・高山町のアメダスを見てみると…

【2010/08/28 AMeDAS KimotsukiMaeda(88447)】
時刻 気温降水量風向風速日照時間
mm16方位m/sh
1 28.50.0東北東4 
2 25.53.04 
3 25.36.53 
4 25.54.0南東40.0
5 25.20.520.0
6 25.51.030.0

 …、うーん、確かに時間的に降雨はあるが、それほどの大雨ではない。だが、これは経験値でしかないのだが、国見トンネルへ向かうとだんだん天候が悪化し、前が見えないほどの大雨になったことが数回あるので、アメダス観測データーには現れないのだろう。だったらそういう場所にこそアメダス設置しろといいたいわけですが。

 ここ数年の観測ロケットは予定日程通りに打ち上がらないですなぁ。あまり延期延期だと「モジベーション下がるから辛い」と関係者に聞いたこともありますが、こればっかりはしょうがないと思います。


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

S-520-25 追加ミッション

©ISAS /JAXA

2010年8月28日午前5時に打ち上げ予定のS-520-25号機に、新たなミッションが追加された。
実は去る23日、このS-520-25号機実験のために内之浦宇宙空間観測所(USC)へ来ていた大学院生が、内之浦で海水浴中に死亡するという事故が発生してしまったのだ。その大学院生の遺影を観測ロケットに載せて打ち上げるという。

 きっと観測機器を作ったりシステムを作ったりと忙しく、打ち上げ前のほんの息抜きだったのだろう。内之浦の海岸は綺麗だ。見たら泳ぎたくなるのも判る。だが、なにもこんなタイミングで。神様は意地悪だ。
 ご冥福とともに、実験の成功を祈ります。


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

S-520-25 電波テスト

昨日延期が決まったS-520-25号機。打ち上げ再設定情報は未だに出ていません。
見学者は、恒例暇つぶしモードに突入。一番人気は佐多岬みたいです…。

さて、今回、何気に電波テストの様子を見たところ、どうやらKSランチャドームの外、KS台地からの打ち上げ、いわゆる「外打ち」です。
S-520の場合、KSランチャドーム向かって左側の外打ちエリアでの実施になるので、第一光学観測室前よりも34mアンテナ前道路で見学するほうがいいと思われます。

ちなみに、KS台地には外打ち用に方位角を記したピンが埋め込まれていますので、基準点から方位点へワイヤーを張って、そこに沿わすようにランチャー車をセット、誤差を計測してランチャーブームの旋回で微調整をかけて準備完了となります。上下角は、当日の風向きなどにより変わるので、電波テスト時はあくまで仮ですが。

外打ち時は、KSランチャードームから太いケーブルが何本も伸びてランチャー本体と接続されますので、そのケーブルのうねっている様子を見れるのも、なかなかないことなのでぜひ。


#20:00追記
S-520-25号機は、2010年8月28日 午前5時に再設定されました。


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

S-520-25号機 打ち上げ延期

2010年8月25日未明に打ち上げが予定されていたS-520-25号機ですが、日程延期とのこと。

原因は、胴頭部機器、ようするに観測機器の異常だそうで、これの点検に日数を要するため明日の打ち上げは延期して調整するとのこと。再打ち上げ日程は現時点では未定。

確か、前回のS-520-24号機でも、同様に胴頭部の異常で一旦ロケットから外され、胴頭部調整室での修正を行ったのち中2日で打ち上げが行われたことがあるので、胴頭部機器のトラブルが内之浦でリカバリできる程度ならば、28日未明の打ち上げが濃厚。

なんで中2日かというと、関係各所、特に漁業関係者への連絡で打ち上げは中2日をおいて再設定することがなんとなーく決められているからで、今回は24日の段階で延期が決まったので、明日25日までに胴頭部機器の修正目処がたてば通知、中2日でY-0Dayを28日に再設定可能、ということです。ですから、今日中に修正目処が立てば27日もありえますが、ここは微妙なところかもしれません。

ちなみに、前回のS-520-24号機の場合、もし、胴頭部機器が修正不可能だった場合、S-520本体は、M台地にある推薬庫にとりあえず保管することになっていたというので、今回も仮にそうなった場合はそうなることでしょう。

搭載機器開発の遅れで伸びていた実験です。慎重になるのもわかります。あと少しです、がんばってください。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
にほんブログ村

プロフィール

Author:おかざー
"馬車道Groove."代表らしい。
宇宙関連の同人誌を出したり、打上げや施設見学いったりしてます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSS
アクセスカウンター
twitter
今日は何の日?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。